新着情報

確認

相続登記に関して

相続が開始したとき、横浜の不動産の相続登記をする場合、自分でするのが大変そうなら、戸籍の収集から横浜に事務所のある司法書士事務所に頼むのがスムースと思われます。自分で集められる戸籍の範囲まではあつめてしまい、評価証明も自分で取得し、なるべく同じ人に頼むのが費用を安くあげることに繋がります。

正面を見る男性

税理士提供のサービス

最近は、個人向けの税務相談サービスに力を入れる税理士事務所の数が増えてきました。横浜では、税法の改正によって相続税対策を真剣に考えなくてはならない人が増えたため、税理士が提供する相続相談サービスが高い人気を集めています。

相続税の増税と対策

不動産価格の上昇

弁護士

今年から相続税の増税が実施されるため、従来は相続税を支払わなくても良かった層の中にも今回の増税の影響で支払いが発生するケースの増加が見込まれています。特に東京や横浜は景気回復の影響もあり、商業地にしても住宅地にしても地下の高騰が顕著になっています。首都圏でも横浜は千葉や埼玉と同様に東京のベッドタウンの役割を担っておりますが、横浜は千葉や埼玉の比べると格上に見られているので不動産価格は割高となっています。不動産の相続税の評価は土地は路線価となっており、建物は固定資産評価額となっております。したがって横浜の土地の評価は場所にもよりますが、鉄道の駅に近いところでの上昇率が大きいので対応策を準備する必要があります。

相続対策を立てる

相続については問題が発生する前に周到な計画を立てておくことが重要です。金融機関や税理士に相談することによって適切なアドバイスを受けることが可能です。不動産の相続税の計算は複雑になっておりますので専門家の意見を聞くことは重要です。もし、土地に余裕がある場合には事業用不動産として活用することが節税メリットとしては一番です。土地を担保として金融機関からの借り入れで、事業資金を捻出すれば支払う金利は費用として認められるうえに、借入は負債として相続財産から控除することが出来ます。何よりの大きなことは事業用資産としての不動産の評価が相続財産から大きく減額されるということです。最近、アパート経営などが盛んに話題になっているのはこのためです。